アラサーゆりぴこは地元に帰りたい

元携帯販売員のゆりぴこ(アラサー独女)誰かの役にたったらうれしいことをつらつらと書いています。

【長女あるある】長女のわたしがダメ男を引き寄せてしまう5つの原因【恋愛】

f:id:yuripico:20170119144528j:plain

 

これすごいわかる〜!

なにを隠そう、わたしも長女です。

なんでか寄ってくるんですよね〜苦笑

自分でも不思議なので、原因を考えてみました。

 

 

甘えとわがままの違いがわからない

 

物心ついたときから

【お姉ちゃん】でいた長女は

人に甘える方法を知りません。

ほんとうは甘えたい両親は

既に妹や弟に手一杯。

そのまま大人になり、

 

「アマエルってナニ...?アマイの?」

 

と、甘えるスイッチが完全に錆びついてしまいます。

なので、彼氏ができたところで

うまく甘えられないのです。

 

そこにひょっこり、

甘えん坊ダメ男が入り込んでくると

上手に甘えられないことを自覚している長女は

むしろ人を甘やかすことに

快感を覚えてしまうんですね〜

 

最初はかわいかったダメ男は、

だんだんとエスカレートしていきます。

 

「仕事いきたくないよぅ」

「もう。しょうがないなぁ〜

    明日はちゃんと行くんだよ〜」

 

なんて会話、わたしもしたことがありますよ。笑

 

最終的にダメ男は仕事にいかなくなりました。

 

 

我慢スキルが高すぎる

 

長女は幼いころから何かにつけて

「お姉ちゃんなんだから」

と言われて育ってきました。

 

母親ディスってるわけじゃないんですが、

わたしは将来、

【お姉ちゃん】を育てる時に

この魔法の言葉の使い方に

気をつけようと思っています。

 

「お姉ちゃんなんだから我慢しなさい」

「お姉ちゃんなんだからいいこにして」

「お姉ちゃんなんだからがんばって」

 

両親の期待に応えたい長女は

 

我慢します。

いいこにします。

がんばります。

 

そうして我慢スキルを磨くのです。

大人になる頃にはもう我慢の鬼と化しています。

 

そこにまたひょっこり、ダメ男がつけこみます。

 

全然遊びに連れて行かなくても

プレゼントをあげなくても

他に女ができても

 

長女は我慢の鬼と化しているので、

ここぞとばかりにそのスキルを発揮するのです。

 

 

責任感が強すぎる

 

妹、弟に

「お姉ちゃん、お姉ちゃん」

と甘えられてきた長女は

頼られるのが大好きです。

頼られることに自分の存在意義を見出しています。

誰かのために自分を犠牲にすることが

そんなに苦じゃないのです。

 

そこにまた、ひょっこりダメ男がつけこみます。

いつもは自信満々、自意識過剰なくせに

自分が助けて欲しいときだけ

「お前がいないとダメなんだよ〜」

「お前にしか頼めないんだよ〜」

と急にネガティブなことを言い出します。

 

「この人はわたしが変えてあげなきゃダメになっちゃうっ!」

と、長女特有の【謎の責任感】が生まれるのです。

人なんてそう簡単に変わらないのにね

ましてやこんなこというダメ男は。笑

 

 

断るのが苦手すぎる

 

実は長女ってめんどくさがりが多いです。

 

加えて、基本自分のことは後回しにするので

よっぽどのことでない限り、

特に恋愛においては

流されがちだし、とてつもなく押しに弱いです。

 

最初はそんなつもりがなくても、

「付き合って!付き合ってくれなきゃ死ぬ!」

なんて言われると

「わかったよ。。。そんなにわたしのことすきなのね。。。」

とついには、付き合ってあげないと死んじゃうくらい自分のことが好きな彼に、

自分の存在意義を見出してしまうんです。

 

そんなこと言うヤツはたいてい

ほっといても死にません。笑

なんなら付き合ってあげないと死んじゃうくらい

自分のことが好きな彼は

今後、ことあるごとに【死ぬ死ぬ詐欺】を使うので、そのうち消えてほしくなってきます。

 

 

なんだかんだ世話好き

 

 長女はとってもお世話好きです。

 

普段お付き合いのない人達にまでバレると

幹事やれだのなんだの言われて面倒なので

「わたしはわたし、あなたはあなた。自分のことは自分でやりましょう?大人なんだから。」風を

装っているだけです。

仲のいい人には

「もぅ、しょうがないんだから〜」

って言ってくれる世話好きキャラで通っています。

 

なので、いい歳こいてワケもなく実家にいて

お金の管理はお母さんがしてたり、

一人暮らしなんてしたことないようなダメ男や

女性をお母さんと勘違いしているようなダメ男の餌食になります。

 

しかも存分に甘やかしてあげちゃうので

このタイプのダメ男は

更にダメ男に磨きがかかります。

最終的には責任を感じて、結婚しちゃいます。

 

 

まとめ

 

えっ?

長女はそんな馬鹿じゃない?

 

わたしも長女だから

そんなことはわかってますよ。笑

最後は少し言い過ぎました。

 

長女は優しくて、聡明でとってもまじめです。

考えすぎだろ!ってくらい、

深いところまで考えています。

 

本当は甘えたがりで

さみしがり屋さんなんだから

恥ずかしがらずに甘えましょう!

 

錆びついた甘えスイッチに、

クレ5-56を差すのです。

 

そんなぎこちないながら甘えてくる長女に

男性は愛おしさを抱いてくれますよ。きっと。

 

わたしも次、彼氏ができた時用に、

クレ5-56買い置きしておきますから!ね!

 

ダメ男になんか捕まらないよう

お互い、気をつけましょうね。